RubyWorld Conference 2011

2011 9/5 (Mon) - 6 (Tue)
English
Home > プログラム > 開会挨拶 まつもとゆきひろ委員長、溝口善兵衛 島根県知事、松浦正敬 松江市長

開会挨拶 まつもとゆきひろ委員長、溝口善兵衛 島根県知事、松浦正敬 松江市長

当日の様子

日程

5日(月) 10:00-10:55

会場

A会場(3F 国際会議場)

講演者

まつもとゆきひろ

(RubyWorld Conference 開催実行委員会 委員長)

今年で第3回となるRubyWorld Conferenceは、2009年、Ruby・ビジネス・国際化の三つのキーワードを満たすイベントとして誕生しました。過去2回のカンファレンスは、国際色豊かなスピーカー、最新の技術動向の紹介、ビジネスユースケースの紹介、標準規格策定の進捗などの大きな成果をあげてきたと自負しています。年々ハードルは高くなりますが、プレッシャーに負けず、本年も素晴らしい発表を用意し、みなさまのお役に立てるカンファレンスをご提供する所存です。

溝口善兵衛

(島根県知事)

豊かな自然や古き良き文化・歴史がよく残されている島根にようこそお越しくださいました。皆様のお越しを心から歓迎申し上げます。
今回で3回目となるRubyWorldConferenceが、今年も島根で開催されますことを大変嬉しく思います。
県では、Rubyエンジニアの育成やRubyビジネスの利用拡大に向けた取り組みを、Rubyアソシエーションや県内企業と一緒になり、強力に進めています。今日明日のConferenceでは、国内外で行われている技術開発やビジネス利用の最新動向も聞いていただけるものと思います。
今回のConferenceが契機となり、Rubyを通じた皆様のつながりがより深まり、新たなビジネスの展開に発展することを祈念し、ご挨拶とします。

松浦正敬

(松江市長)

皆様、水の都松江へようこそお越しいただきました。3回目となる、RubyWorld Conference が松江で開催されることを大変うれしく思います。松江市が設置しているオープンソースラボでは、市内外の多くのエンジニアの方々が、継続的に、そして盛んに交流を行っておられます。Rubyの最先端の事例が紹介されるこのConferenceをきっかけに、交流がますます広がり、新たな連携が生まれることを期待しています。松江は『水の都』とも呼ばれる大変風情のある美しい街です。ぜひ、この機会にRubyと併せて松江の街も楽しんでいただければ幸いです。

RubyWorld Confernece 開催実行委員会

過去の開催

関連情報

協賛企業紹介

全ての協賛企業の一覧

観光

RubyWorld Conference 2011にお越しの際は島根の観光情報松江の観光情報もあわせてチェック!

産業

島根のIT産業やライフスタイルをしまねスタイルとしてご紹介しています。

ページの先頭へ