RubyWorld Conference 2011

2011 9/5 (Mon) - 6 (Tue)
English
Home > プログラム > B-9 相澤歩 「Rubyコミュニティの文化に学ぶエンタープライズシステム開発の処方箋」

B-9 相澤歩 「Rubyコミュニティの文化に学ぶエンタープライズシステム開発の処方箋」

当日の様子

日程

6日(火) 15:15-16:00

会場

B会場(1F 小ホール)

講演者

相澤 歩
(アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ株式会社)

講演者プロフィール

クラウドプラットフォーム推進グループのソリューションアーキテクト。
Force.com、Amazon Web Services を中心としたクラウド基盤を活用した業務システム開発プロジェクトを複数担当。オープンソースソフトウェア開発を応用したプロジェクト改善活動を実践している。プライベートでは日本Rubyの会のコミュニティで活動中。

講演テーマ

Rubyコミュニティの文化に学ぶエンタープライズシステム開発の処方箋

講演概要

Rubyの良さを発揮させるためはRubyのプログラム言語としての特性に由来するもの以上に、『Rubyらしさ』に由来する開発プロセスや作業スタイルをシステム開発のライフサイクルに取り入れていくことが重要である。
本発表では、システムの生産性を向上し変更容易性を維持していく手法について、Rubyのコミュニティーでは定番となっているツールや手法に焦点をあてて紹介する。

RubyWorld Confernece 開催実行委員会

過去の開催

関連情報

協賛企業紹介

全ての協賛企業の一覧

観光

RubyWorld Conference 2011にお越しの際は島根の観光情報松江の観光情報もあわせてチェック!

産業

島根のIT産業やライフスタイルをしまねスタイルとしてご紹介しています。

ページの先頭へ