RubyWorld Conference 2011

2011 9/5 (Mon) - 6 (Tue)
English
Home > プログラム > A-1 中田育男 「Ruby標準化の進捗状況」

A-1 <IPA 標準化セッション1> 中田育男 「Ruby標準化の進捗状況」

当日の様子

日程

5日(月)13:00-13:15

会場

A会場(3F 国際会議場)

講演者

中田 育男
(Ruby標準化検討ワーキンググループ/筑波大学名誉教授)

講演者プロフィール

1958年東京大学理学部数学科卒、1960年同大学院数物系研究科修士課程終了、同年日立製作所入社、1979年筑波大学電子・情報工学系教授、1997年図書館情報大学教授、2000年法政大学情報科学部教授、2006年から2008年まで同客員教授。著書に「コンパイラ」産業図書、「コンパイラ」オーム社、「コンパイラの構成と最適化」朝倉書店、「コンパイラの基盤技術と実践ーコンパイラ・インフラストラクチャCOINSを用いてー」朝倉書店がある。

講演テーマ

Ruby標準化の進捗状況及び今後の予定

講演概要

Ruby の日本工業規格 JIS X 3017 が本年3月22日に制定され、その英語版を国際規格とすることを直ちに ISO/IEC に提案しました。現在はそれに対する各国の投票待ちです。また、JIS X 3017 の英語版が7月に発行されました。その経過と内容の概要を報告します。ただし、今回の規格案は Ruby の基本的な機能だけを規定したものであり、Ruby 1.8と1.9に共通な部分だけを規定していますので、より規格としての完成度を高めた次の版の制定が必要です。その方針についても述べます。

RubyWorld Confernece 開催実行委員会

過去の開催

関連情報

協賛企業紹介

全ての協賛企業の一覧

観光

RubyWorld Conference 2011にお越しの際は島根の観光情報松江の観光情報もあわせてチェック!

産業

島根のIT産業やライフスタイルをしまねスタイルとしてご紹介しています。

ページの先頭へ